始めましたか?花粉症対策

February 25, 2019

 

こんにちは、インフルエンザも猛威を振るっており私の周りでも感染してしまった方

 

が多くいらっしゃいましたが皆さんは大丈夫でしたか?

 

今年は雪の降る回数も多くまだまだ寒い日が続きますが、

 

少しずつ暖かい日もでてきましたね。

 

寒暖差が激しいこの時期は体調の管理に十分お気をつけください。

 

さて、暖かくなってくると花粉も多く飛ぶ季節となります・・・

 

この時期から飛び始めるのは【スギ花粉】・【ヒノキ花粉】です。

 

そこで今回は花粉症対策をご紹介させていただきます。

 

 朝食にはヨーグルトや納豆などの発酵食品がおすすめ

ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌などの発酵食には、乳酸菌やビフィズス菌などの

 

善玉菌が豊富に含まれています。

 

これらは腸内の悪玉菌を減らし、カラダに有害な添加物などの不純物の排出を

 

サポートしてくれる働きを持っています。

 

腸内環境を整えることはカラダの各機能を正常に保ち、免疫力アップ、

 

アレルギー症状緩和につながるというわけです。

 

また女性に嬉しい美肌効果も期待できる発酵食品!

 

毎日の朝ごはんに取り入れてみるのもおすすめです。

 

 おやつにはポリフェノールたっぷりのチョコレートを

チョコレートも発酵食品のひとつ。

 

原料、カカオを発酵させて作られているのです。

 

チョコレートにはポリフェノールがたっぷり!

 

ポリフェノールは苦みを伴う色素成分で、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が

 

高い物質として研究が進められているそうです。

 

細胞の老化を防ぐということは、免疫力UP、アレルギー症状の緩和につながり

 

花粉が気になる時期のおやつにぴったりです!

   夕食にはイワシやサバなどの青魚を

花粉症の原因は「ヒスタミン」というアレルギー物質です。

 

このヒスタミンの働きを抑えることが、花粉症などのアレルギー症状をおさえること

 

につながります。

 

鰯や鯖などの青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)や

 

EPA(エイコサペンタイン酸)は、その働きを持っており魚より肉が好き!

 

 という人も、花粉症シーズンは意識的に青魚を毎日の食事に取り入

 

れることをオススメします。

 

 

 飲み物はレモンバームやカモミールティーを

リラックス効果の高いハーブティーとして人気のレモンバームやカモミール。

 

じつはリラックス効果だけではなく、高い抗アレルギー作用も期待できるんです。

 

ハーブ類は全般的に抗酸化作用の高いポリフェノール成分が多く含まれていますが、

 

なかでもレモンバームに多く含まれる「ロズマリン酸」は、アレルギー症状のもとと

 

なるヒスタミンの分泌を抑える働きが高く注目されています。

 

花粉症に悩む人は就寝前にレモンバームやカモミールティーを飲むことで

 

症状の緩和にもつながりますのでオススメです。

 

 

   油はエゴマ油や亜麻仁油がおすすめ

青魚に多く含まれるDHAなどと同じ「n-3系脂肪酸」の「αリノレン酸」が

 

多く含まれていて、αリノレン酸には、DHAと同じくアレルギー症状を抑える働きが

 

あるとされているそうです。

 

ただし、加熱調理には向いていないため、ドレッシング代わりにサラダにかけたり、

 

はちみつと一緒にヨーグルトにかけるなどの生食がオススメです

 

 

 

なるべく薬に頼ることなく食べ物や飲み物で花粉症の対策が出来るといいですね。

 

また当院でも花粉症対策としてのご相談や治療をお受け付けしておりますので

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

=================================

 

【成田市富里市の鍼灸・整体】 はり・きゅうFine

 

〒286-0045

千葉県成田市並木町207-21グランデス並木1F

 

TEL:0476-23-2332

 

ホームページ:http://www.hariqfine.com/

 

受付時間:10:00~20:00

定休日:火曜日

 

お電話の際は「ホームページのブログを見て・・・」とお伝えください。

 

=================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

ブログ履歴

適応症状