ゆがみ予防プログラム

当院では、施術の一環としてゆがみ予防プログラムを取り入れています。痛みやだるさの原因の多くは日常生活での姿勢や習慣にあります。治療を行って一時的に状態がよくなっても、同じ姿勢を繰り返していては元の状態に戻ってしまいます。ケガをしない体作り・痛みの予防には姿勢の意識やセルフケアが不可欠です。

ゆがみ予防プログラムの内容は、大きく分けて2つです。

①ゆがみによる体のアンバランスな状態をリセットするための施術

②体に正しい関節の動きを覚えさせる器具を使った運動

内容は症状や体の状態、筋肉量によって変わります。あなたに今必要な運動やケアをご提案していきます。​

プログラムで使用する運動器具のご紹介
ReaLine(リアライン)シリーズ

当院では株式会社GLABのRealine(リアライン)シリーズという商品を扱っています。株式会社GLABでは「歪んでいる関節を理想的な状態に戻して、すべての人の体の痛みと歪みからの解放を目指す」というコンセプトの基、エクササイズや治療法、商品の開発などを行っています。

関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかな異常から進行し始めます。
骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きに影響を及ぼしそれが痛みになります。

関節のゆがみにアプローチすることで、痛みを根本から対処していくことが目的です。

​〇運動補助具

リアライン・コア

リアライン・コアとは体を支えるのに重要な骨盤と胸郭のゆがみを整えるための運動補助具です。日常生活でのゆがみは姿勢や生活習慣の積み重ねで起こることが多いため、治療を行って一時的にゆがみが解消されても元に戻ってしまいがちです。

補助具を装着して短時間の簡単な運動を行うことで、ゆがみのない状態を体に覚えさせることができ、根本的な解消につなげることができます。​

■このような方々にオススメ■

・腰痛を繰り返していて予防したい方

・姿勢を改善したい方

・体の硬さをなんとかしたい方

・スポーツのパフォーマンスを向上させたい方

リアライン・バランスシューズ

リアライン・バランスシュ―ズは膝や足を正しく動かすことで、怪我の予防やパフォーマンスの向上につなげることを目的として使用します。膝を正しく曲げるという基本的な運動ができないアスリートは非常に多く、それを繰り返すことによって膝の周辺には様々なトラブルが発生することが医学的にも証明されています。

バランスシューズを着用してスクワットなどの簡単なエクササイズを行うと、膝関節や足関節のねじれを矯正し、正しい運動パターンを短期間に習得できるようになります。様々な膝の怪我を防ぐ効果が期待され、短期間でスポーツパフォーマンスにも効果をもたらす運動器具です。 

■このような方々にオススメ■

・膝関節の怪我のリハビリテーションをする方

・足やひざの怪我の予防

・スポーツ現場でパフォーマンス向上していきたい方

その他のストレッチ・エクササイズ用品
ストレッチングクッション

細長い棒状のクッションの上に乗ってゴロゴロしたりエクササイズを行います。乗っているだけで通常ではストレッチしにくい体幹部を伸ばすことができます。また、乗りながらエクササイズをすることで、体のゆがみを解消して本来ある正しい状態に戻していきます。

■このような方々にオススメ■

・姿勢が悪く肩から背中、腰にかけてつらい方

・体のゆがみが気になる方

​・日頃ストレスが多かったり緊張することが多い方

バランスクッション

​弾力のあるクッションの上に体重を乗せたり体を動かすことで、バランス感覚をつけていきます。

■このような方々にオススメ■

・足首や膝をケガしたことがある方

​・バランス感覚が悪い方

​ストレッチボード

傾斜のついたボードの上に乗ることで、ふくらはぎを伸ばして足首の硬さを改善していきます。

■このような方々にオススメ■

・立ち仕事でふくらはぎがつらい

・足がむくみやすい

Please reload

ブログ履歴

適応症状