脊柱管狭窄症

加齢などに伴う骨の変形によって脊柱管という神経が通る管がせまくなってしまい、

腰や足の痛み、しびれが起こります。

立ちっぱなしや歩いていると痛みが出てきて、休むと楽になるという方が多いのが特徴です。

また夜寝ているときに脚がつるというのも、冷えや足の疲れだけが原因ではなく、

脊柱管狭窄症による神経の症状の可能性があります。

このような症状を加齢によるものだからとあきらめてはいませんか?

​確かに、骨の変形自体を元に戻すことはできませんが、

状態によってはお仕事や趣味などを存分に楽しみながら生活を送る事は可能です。

ただし、変形が進めば進むほどいい状態には戻りにくくなってしまったり、時間がかかってしまいます。

​このような症状でお困りでしたら早めにご相談ください。

当院ではこのような治療をします。

当院では、骨盤調整や鍼灸などを中心に行って痛みやしびれを改善していきます。

腰や足が痛いとどうしても動く事が困難になってしまいますが、

なにもしないままでいると日常生活で必要な筋肉も衰えてきてしまいます。

そうならない為にも、早期の段階で治療や予防のための運動を行っていく必要があります。

簡単な運動や体の使い方を練習して、ご自宅でもやっていただき、腰に負担がかからない体づくりをしていきます。

患者様の声

準備中

【はり・きゅう Fine】

 

 

TEL:0476-23-2332

 

ご予約の際は『ホームページを見て・・』とお電話ください。

 

○初回のご予約の際は初めてという旨をお伝えください。

○お待たせすることがないよう、予約優先とさせていただいております。

○スムーズなご案内のために予約時間の5分前にはご来院いただきますよう

 ご協力お願い致します。

 

当院ではしっかりと治療時間を設ける為、予約優先とさせていただいております。

枠に限りがございますので、あらかじめお電話ください。

予約優先

Please reload

ブログ履歴

適応症状