オスグッドシュラッター病

・お皿の下が出っ張って痛い!

 

・正座が出来ない!

 

・走ったり、ジャンプしたり、ボールを蹴ると痛い!

 

膝のお皿の下の骨が徐々に突出してきて痛みがでるものです。

10~15歳の成長期の子供にみられます。

 

これは、成長期にある成長軟骨と呼ばれる部分が

ジャンプやサッカーのキックの繰り返しなどにより

引っ張られて剥離してしまうことにより起こります。

 

原因としては、太ももの前側の筋肉の硬さ、姿勢、フォームなどが挙げられます。

 

成長期の一過性のものなので、成長が終わると多くは痛くなくなります。

しかしその間は、休むと痛くなくなるけど、再開すると

痛みも再発することが多いと言われています。

当院ではこのような治療をします。

痛みが出た場合、スポーツなど原因となっていることを

控えることはとても大切です。

 

しかし、休むだけでは再開したときにまた痛くなる可能性が高いです。

その間にアイシング、ストレッチ、適切なエクササイズ等を

行っておくことによって痛みを繰り返しにくくします。

 

当院では、膝の治療はもちろん、股関節や足関節の

可動性もチェックさせていただきながら治療を進めていきます

内容としては鍼やストレッチ、手技にて筋肉の緊張緩和、超音波やアイシングにて

炎症部位の治療、ご自宅でのセルフストレッチやエクササイズ指導が中心になります。

 

また、競技復帰に必要であればテーピング等の指導もいたします。

まずは下記の連絡先までご相談ください。

患者様の声

  楽に走れるようになりました。

(匿名 男性 学生)    症状:膝の痛み

​僕は、中学で陸上をやっていてオスグットの痛みに悩まされていました。

そんな時この治療院を知りました。

​ケアの仕方やテーピングの巻き方、自宅でもできるストレッチング等も分かりやすく教えてもらい今ではオスグットによる膝の痛みもなくなり楽に走れるようになりました。

【はり・きゅう Fine】

 

 

TEL:0476-23-2332

 

ご予約の際は『ホームページを見て・・』とお電話ください。

 

○初回のご予約の際は初めてという旨をお伝えください。

○お待たせすることがないよう、予約優先とさせていただいております。

○スムーズなご案内のために予約時間の5分前にはご来院いただきますよう

 ご協力お願い致します。

 

当院ではしっかりと治療時間を設ける為、予約優先とさせていただいております。

枠に限りがございますので、あらかじめお電話ください。

予約優先

ブログ履歴

適応症状